アクーユ三四郎ホテル 1期(空調)工事完了

  • to-pane 

2月に工事がスタートした西伊豆の「アクーユ三四郎ホテル」の1期工事が完了しました。
今回の計画は、単なる空調の更新工事ではなく、省エネルギーにも重点を置いたものになっています。
既存設備は吸収式冷温水器(油仕様)でしたが、イニシャルコストとランニングコストを数十パターン分析し、最終的には電気方式の更新としました。
省エネ率を分析すると、既存設備より4割以上のランニングコスト削減になる計算です。
コストを低減する一方で、工事中の売上を下げては意味がありませんので、工事期間中も客室の売り止めは一切なしで工事を実施しました。
売り止めなしにするには、工事時間が限られている中での事前段取りや、工事の工夫が欠かせません。
当社には、上記のようなランニングコストの削減や省エネルギー化のノウハウがありますので、「うちも設備更新を考えている」というホテル・旅館業の方は、ご遠慮なくお問合せください。
もちろんホテル・旅館業以外の業種にも対応しております。

■アクーユ三四郎ホテル

アクーユ三四郎ホテルは、西伊豆特有の日没の景色が最高ですし、従業員の方も親切な方ばかりですので、とても良い旅の想い出がつくれると思います。一度、訪れてみてはいかがでしょうか。